キューピットが届けてくれる恋の味

By | 2015年6月3日

 あなたは今、好きな人や気になる人がいますか?意中の人がいると、それだけで毎日が楽しくなります。逆に好きな人や気になる人がいないと、つまらない毎日になってしまうのです。今日は私が友人の恋愛相談を聞いた時の出来事と、そこから気づき感じた事をお話します。

 ある日の事です、友人が真剣な表情で我が家に遊びに来たのです。私はいつもと様子が違う友人に少し戸惑いながらも、友人を家の中に招き入れ、何があったのか事情を聞く事にしました。すると、友人が「実は、好きな人ができました」と言ってきたのです。私は自分の事のように喜び、応援する事を友人に伝えると、友人は「応援じゃなくて、協力してくれませんか?」と頼んで来たのです。そして、私は恋の応援ではなく、協力をする事になったのです。

 その日から私は恋のキューピットに扮し、友人と意中の子を対面させる場をセッティングしたり、デートスポットを提案したり、雰囲気の良いレストランを予約したり、多方面から友人のサポートをしました。そして、3回目のデートの日に、彼は勇気を振り絞って自分の想いを彼女に伝えました。その甲斐あってか、見事友人の恋は成就し、意中の彼女と恋人関係になったのです。

 好きな人や気になる人がいると本当に毎日が楽しくなる事を、私は恋愛相談を通して友人から教えてもらった気がします。「好き」と言う気持ちは、人をキラキラ輝かせる不思議な力があります。いつまでもその気持ちを忘れない事で、人は毎日が楽しくなり、生きがいにもなり得ると私は身をもって感じたのです。

そんな友人から刺激を受けた私は、以前から思いを寄せていた女性に気持ちを伝えることを決意しました。友人の手助けをしていた時は、あんなにも積極的に行動できたのに、いざ自分の事になると消極的でマイナス思考に陥り、何も行動ができなくなりました。
友人の時は、恋が成就するイメージしか抱けなかったのに、自分の恋のイメージは失恋ばかり。そんな私を見かねた友人が、今度は私のキューピット役を買って出てくれました。

 しかし、現実は厳しいものです。デートに漕ぎ着ける前に玉砕しました。友人が彼女の友達から、彼女には既にお付き合いしている男性がいることを聞き教えてくれたのです。それまでのドキドキは一瞬にして消え失せ、明日からの生きる希望を失ったと言っても大袈裟でないほど落ち込みました。
 失恋は、いくつになっても何度味わっても、やっぱり涙のショッパイ味がします。