手をあげるDVの彼となかなか別れられなかった私。

By | 2015年6月3日

彼とは友達の紹介で出会いました。付き合い当初はわかりませんでしたが、独占欲が強く美容師さんが男性でも嫌がるような彼でした。

また、彼と食事に行って、店員さんに会釈などすると機嫌が悪くなり、お店を出た後に説教じみたことが始まります。

こんなことがしょっちゅうでした。それを徐々に苦痛に感じるようになって、男友達にメールで相談するようになりました。

その時、携帯をチェックすることはなかったので、気にせずメールを続けていました。ある時、彼と旅行に行ったときに「何か隠し事がない?」と言われました。

「真剣に今後のことを考えているから悪いと思ったけど探偵やとって調べてから」と言われ、私はかなり焦りました。付き合っているときに、何もやましいことはなかったのですが食事に何度か行って相談ごとをしていたからです。

こんなことも全部わかっているんだなぁ・・・と思い、すべて話しました。そうすると「携帯見せて」と言われ、見せない選択はありませんでした。

そこには、彼の独占欲の強さや私が精神的にまいっていることなどメールに残っていたので、それを見てかなり激怒しました。怒りが収まらなかったせいか、首を軽くですが絞められました。

やっぱりこの人おかしい・・・と思い恐怖感を覚えました。その後、けんかの様ないい争いをし、仲直りできない状況で自宅に帰ることになりました。

帰る途中で、今度は背中や頭を叩かれたり、また怒りがこみ上げてきたみたいでした。この人とはもうないなぁ・・・と思って最後駅についてさよならをする時に、普段絶対泣かない強い人が泣いて、「もうしないから、ごめん、次したら別れても良いから」と言いました。

涙することが意外で、私も悪いことをしましたし、彼も手を上げたことを反省しているようであったので許してしましました。そして、それからは毎回のデートで私がメールしてて裏切ったと何度も何度も言われ、精神的に追い詰められたときです。その毎回言われることに対して、「しつこい」と言ってしまったため、また彼の逆鱗の触れました。

再度手を上げるような行動に出たのです。この時、もうないなぁ・・・と確信しましたが、前回と同じように「もうしない」と言われ許してしまったのです。

いつか変わるのではないかなぁ・・・という気持で毎回毎回許してしまいました。これがその後、何度続いたことでしょうか。1年経過していました。

そのことを信頼する女友達に相談すると、「なかなか人はかわれないものだよ」と。確かに納得です。同じことの繰り返しを何度もしていましたから。これをきっかけに、ようやく彼と別れる決意をしました。

回りからはよく別れられたね、別れない、とか言われなかった?と。ただ、よかったことはそこまで遠くないものの距離があったのでそれがいいきっかけにきっぱり別れることができました。男性で手を上げる人は絶対だめだなぁ、と本当に改めて思いました。