同じ方と2度お見合いをしてしまいました。

By | 2016年2月18日

私は男性で35歳を過ぎた頃の話ですが、
歳も歳なのでそろそろ結婚を考えなさいと周りから言われ続けていました。

私も結婚願望がありましたし、
子供も欲しい気持ちもあり早く落ち付きたいと思っていました。

ですが現実問題として出会いもありませんでしたし、友人関係、
会社関係でも結婚をされている方が多く、実際に出会いは無いに等しい状況でした。

その状況を見かねた親戚の方が手を差し伸べてくれたのですが、
一度お見合いをして見ない、と声を掛けてくれました。
事情を聞きますと、私の知り合いに丁度良い子がいるので、
お見合いをして一度話をしない、と言われました。

始めはお世話になるのは申し訳ないので断ったのですが、
気にしないで任せてと言われ、お任せをする事にしました。

料亭の一角の部屋を準備していただき会う事になり話をしたのですが、
どうもお互いに話が合わなく、緊張もあったのかもしれませんが、
それを差し引いても話が進みませんでした。

その後、親戚の方にお詫びをいれ、
せっかくセッテイングをしていただけたのに申し訳ないとお詫びを入れました。
その後、数ヶ月が経ったある日の事です。

今度は、その親戚の方の友人で私も知っている方から連絡があり、
お見合いをしませんかと言われました。

前回の事もありましたし、お見合いに抵抗があったので丁寧に断りを入れたところ、
もう相手側には言ってあると先に話を進められており、
断るわけに行かなくなったので、またお見合いをする事になりました。

また、料亭を予約していただきお会いする事になったのですが、
先に行って座敷に座っていると相手の方が入って来ました。

顔を見たとたんに、お互いにあっ、と声が上がってしまいました。
なんと、前回見合いをしてお互いに断りを入れた人でした。

親戚の方と今回紹介してくれた方とは会社関係で繋がっており、
お見合いの女性の事の面倒を見る事になったそうです。

私のお見合いの事は事前に内緒にしていて欲しいと言ってありましたので、
まったく事情が伝わっておらず知らなかったみたいです。

とても気まずくなりましたし、前に合った事を理由として話す事も出来ずに、
うわべだけの話をしながら時間を過ごす事しか出来ませんでした。
お見合い後、事情を話してすいませんと謝った所、
逆に申し訳なかったと誤って来ました。

偶然とは言え同じ人と2度もお見合いをするとは思いませんでしたが、
今では懐かしい思い出です。